【ルール解説】ワールドチェイスタグ公式”Team Chase Off(チーム・チェイス・オフ)”

Team Chase Off(チームチェイスオフ)とは?

ワールドチェイスタグが開催する公式世界大会「WCT」で採用されている最も一般的なルールです。

※World Chase Tag公式HPより

  • 1チーム5名(最大6名)で行われます。
    ※WCT-3では5名で行われました
  • 1ゲーム16チェイスで構成されます。

画像:SPORTbible live streaming

  • Winner stays on(勝ち残り)を基本として、Chaserがタグ(タッチ)した場合は当該Chaserが次のチェイスのEvaderとして残ります。
    ※タグされた選手は次の選手と交代し、その選手がChaserとなります。

 

  • ポイントは「Evasion」したとき(逃げ切った時)に1pt獲得となります。
    ※画像4チェイス目がMarrero GangがEvasion成功し1pt獲得している状況です。
    ※逃げ切ったEvaderはStays onし、次のChaserと戦います。

こうして、16チェイスの中で最も多くポイントを獲得した(Evasionに成功した)チームがそのゲームの勝者となります。


  • 1チェイスは20秒
  • 各チェイス間は30秒

タグは、必ず手で行うものとして、危険なプレイは禁止されています。

タグ判定は基本的にはプレイヤーが自己申告で行いますが、WCT-3では審判も配置されました。

  • タグ=審判は腕を交差し「X」のハンドシグナルを出します。
  • イベイジョン=審判は腕を平行に立て「I I」のハンドシグナルを出します。
    ※WCT-3では判定がつかなかった場合、ビデオ審査を行い判定をしました。

sponsored link



チェイスタグ観戦をより楽しくするための豆知識

ライブストリーミング中継を見ているとよく解説が「Low EQ Area」「High EQ Area」と言っているのがわかります。

この「EQ」とはEvasion Qualityといって、次のように定義されています。

EQ (EVASION QUALITY) – A theoretical value given to a court, an area within the court, or an individual obstacle that indicates the likelihood an evasion. The greater the EQ value, the more likely it is to create an evasion.

”イベイジョンクウォリティとは、ある特定のエリア・障害物でEvadeする可能性を期待値としてあらわしたもの”

簡単に言うと、

「High EQのエリアではタグされにくい」=Evaderに有利

ということです。

今回の最新コートでは、チェイスプレート(チェイサーのスタート位置)から見て、右側のエリアに新たにHigh EQのエリアを新設しています。

今回優勝したMarrero Gangの戦いぶりを見ても、この「High EQエリアをうまく利用しているな」と思うとこがたくさんあります。

動画を見るときは是非、このEQにも注目しながら観戦してみてください!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。