サムライセブン出場選手確定!!

ワールドチェイスタグに出場するプレイヤー

9月9日にロンドンで行われるWCT3に出場するメンバーが決まった。

KAZUYA ISHIZAW(石沢憲哉)

SAMURAI SEVENリーダーでありチームをまとめる司令塔。

日本国内で仙台を拠点にSENDAI X TRAIN代表としてパルクールの普及を行っている。

ヨーロッパにおいてパルクールを学びA.D.A.P.T資格を有する。

WCT-3においてはチームをまとめ、先頭を切って世界と戦う大黒柱的存在。

Takafumi Kimoto(木本登史)

FISE Hiroshima2018にも出場した実力者。

デンマークのパルクール専門学校に留学し、本場の教えを受けて帰国。

地元名古屋においてパルクールのワークショップや練習会を開催し、パルクール普及に尽力する。

日本国内において様々なパフォーマンスに出演している。

Yuta Hosokawa(UTA)

2016年1月、パルクールワールドツアーを実施、クラウドファンディングも同時にスタートし、多くの人から応援され、9月に帰国。世界中でパルクールを実践してきた。

海外で開催されている、様々なパルクールイベントに参加する経験を持ち、実力をつけてきたトレーサー。

名古屋においてパルクール練習会や教室を開催している。

WCT-3ではチームのムードメーカーとして活躍が期待される。

Tabito(旅人)

URBAN UNIONのメンバーとして国内において活躍している。

11年という長いパルクール歴を持つ。様々なCMやPVなどに出演する実力派トレーサー。

WCT-3でも長年の経験を活かしたプレイでチームを引っ張っていくだろう。

Jun Sato(佐藤惇)

2006年からパルクールを実践し、関東を中心とした活動で日本のパルクール発展を支え続ける人物。

国内初のパルクール指導員としてその名を知られている。

東京を中心にパルクールを実践し、次世代のトレーサーを育成している。

SASUKE2018では3rdステージまで進出し、その身体能力の高さを見せつけた。

WCT-3でサムライセブンが世界一を狙う

チームメンバーは日本全国から集まっている実力者ぞろい。

「出場するからには”優勝”以外に目標はない」

そう意気込むチームメンバーたちの戦いに注目!!

出場にあたってX TAG GAMEが協力

今回のSAMURAI SEVENのWCT-3出場には、国内で同種のスポーツを展開しているX TAG GAME代表のUrano Takaaki(浦野崇朗)が協力している。

World Chase Tag(デヴォー兄弟(クリスチャン、ダミアン))と直接連携を取り、出場に伴う調整を行っている。

プレイヤーではなくマネージャーとして、大会当日ロンドンに同行。選手たちのサポート及びWorld Chase Tagの運営を支援しつつ、様々なノウハウを日本に持ち帰る。

※X TAG GAMEはWorld Chase Tagのオフィシャルライセンシーです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。